2011年11月13日

パニエ

レストランで、ヴィンテージもの(年代もの)のワインをサーブするとき、ワイン用のバスケットに入れてサーブすることが多いですが、あれがパニエです。

もともと寝かしておいていたワインを、ほどんど動かさずに、このパニエに入れ、そのままの状態で、コルクをあけます。そうすると、オリが舞わないですむわけです。

デキャンターを使うと、オリが舞ってしまうことが多く、また技術も必要です。それに、デキャンターすることで、酸化してしまうことがありますし、まずは、このパニエを使うことをオススメします。

雰囲気もいいでしょ。

銀色のものは、なかなか豪華でいいです。





posted by WINEGOODS at 23:06| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲み終わったワインボトルどうしますか?

ワイン飲み終わったらどうしますか?

ワインボトル、ものによっては、記念に残したいところです。

ただ、かさばります。

だから、ラベルだけはがして、コレクションをする、という道具があります。

ま、簡単にラベルをはがすわけです。

粘着性になっていて、簡単にはがせます。

ただ、最近は、非常に剥がすのがむずかしいものがありますが、だいたい大丈夫です。



ただ、こういうことするのは、日本人だけのような気がします。

以前、フランスに行ったとき、レストランでこれを持ちだして剥がしていたら、周りのお客さんが、興味津津で見ていて、無事はかせたら、拍手喝采でした。

日本じゃ、当たり前ですもんね。
posted by WINEGOODS at 22:25| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デキャンティングボアラー



デキャンティングボアラーという道具があります。

これをボトルにつけて、注ぎますと、デキャンターをしたのと同様の効果が出ます。

とっても、若干違います。

それと、デキャンターの場合、行う人の技術によって、相当味わいの差がでますが、これは、ほとんどいっしょです。

ワインの場合、いろいろ手をつくすことで、味わいが変わることがありますので、こういう道具、便利なようで、楽しみを奪うことにもなります。

まあ、いろいろ使っていると楽しいので、一度使うのもいいかもしれません。
posted by WINEGOODS at 21:29| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワインの保存方法

ワインを買ってから、どこに保存しますか?

これは、開ける前のはなしです。

一番いいのは、専用のセラーに入れることでしょう。

ま、しかし、高価だし、置き場所もいるし、


だけど、これは、専用のものだけの効用があって、たしかに長期保存できるし、いい状態で保つことができます。

私は、セラーに15年保管していたものがあって、飲んだのですが、すばらしい状態でした。

こういったセラーがない場合、オススメは、ダンボールです。

ただ、置く場所は気をつける必要があります。冷暗所が基本。

ダンボールは紙ですが、空気層があって、保温もいいし、湿度も適度に保たれます。

これもまたいいですよ。



チャーミングアフィリエイトのススメ
posted by WINEGOODS at 21:18| Comment(0) | ワインの取り扱い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワインを楽しみたい人へ

とても素敵なブログありました。

ワイン愛好家は、ぜひお読みください。

ワインラヴァーの憩いの場所

posted by WINEGOODS at 21:12| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワインが残ったら

ワインが残ったらどうしますか?

瓶にこの蓋をして、それから空気を抜く、というのが、一番多いでしょうか。



これは便利なのですが、空気を抜くので、どうしても香りが飛んでしまいます。

いいワインでは、あんまりやらない方がいいし、コルクだけしておけば、変化はしますが、その変化も楽しいものです。

酸化させない、ということなら、これが一番効果的です。

不活性ガスのボンベです。これを瓶にいれます。シューという音もしません。




これだと、不思議ですよ。

しかし、一番いいのは、たとえば小さめのペットボトルに移し替えること。原始的ですが、効果的です。空気のないほどいっぱいにするのがミソ。
posted by WINEGOODS at 21:06| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワインクーラー

ワインを飲むのには、それなりに時間がかかります。

というより、時間をかけた方が、変化があって、楽しくいただくことができます。

ワインをあけてから、どうしますか?

その間に、ある程度の温度を保つ必要がある場合があります。

部屋の温度にもよります。

フルボディの赤なんかは、常温といいますが、日本で考える常温と、フランスの常温とはちょっと感覚が違います。

ボルドーでは、9月でも18度くらいにしかなりません。

日本の常温とは、18度くらいでしょうか、しかし、フランスなら、多分14度くらいでしょう。

白のワインは氷水につけておくこともあります。ただ、高級な白は、あまり冷やさない方がいいのです。

というわけで、

意外にいいのが、これです。



ひやしておくのなら、



これに氷水を入れます。



これは、水にぬらして、気化熱で温まらないようにします。ただ、これで冷やすと考えてはいけません。

posted by WINEGOODS at 20:55| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドロップストップ

ドロップストップというものがあります。

ドロップストップPCケース(2枚入)

ドロップストップPCケース(2枚入)
価格:609円(税込、送料別)



これは、ワインボトルに挿し込むステッカーのようなものです。

これを瓶の口に差し込みますと、雫がたれないで、きれいに注ぐことができます。

値段も安いものですし、これで、ワインの品質が大きく変わるものではないので、ワイングッズとしては、もっともススメられるもののひとつです。

posted by WINEGOODS at 20:38| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイングラスもすごいものだと・・・

ワイングラスでも、すごく高価なものがあります。

リーデルのものでも、通常タイプのもので3500円前後ですが、ソムリエシリーズというものになると、ひとつひとつ手作りになるため、1個2万円ほどになります。

もちろんリーデルもすばらしいのですが、ロブマイヤーというメーカーがあり、これは、2万円くらいしますが、これでいただくと、信じられないくらい美味しくなります。

気楽に買える値段ではないのですが、これ、一度経験してしまうと、ちょっと元に戻れません。

手作りですから、ひとつひとつ微妙に形が違います。



ステムを持ちますと、その温度感がすでに独特です。手の温かみが伝わりにくい設計になっています。それ以上にグラス部分の品質、薄さ、どれもすばらしいものがあります。

これは、実際に使ってみるとわかります。まず買う前に、実際に出しているところで、確かめてみましょう。

実際にこれを使って、ワインを出している店があります。

それだけで、ひとつの見識を感じますね。

ワインショップなら

日本橋高島屋エスパスタイユヴァンのワインテイスティングカウンター

レストランでは

たとえば

京橋のタヴェルナ・グルタヴィーノ

とくにレストランでのグラステイスティングの場合、そんなに高いワインばかり出せませんよね。しかし、このワイングラスだと、数段高いワインに匹敵するような味になります。
posted by WINEGOODS at 20:31| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイングラス

ワインを飲むのは、グラスなら何でもいいのでしょうか。

何を使っても、もちろん飲めます。

しかし、美味しく飲むためには、専用のグラスをぜひそろえるべきです。

ワイングラスの形には、理由があり、それ専用になっているもので飲むと、不思議に美味しくなるのです。

こういう考え方で作っているのは、リーデル社のものです。

まずは、セットで4種類あるといいですね。



このセットには、

416-0 Bordeaux(ボルドー)
  416-7 Bourgogne(ブルゴーニュ)
  416-33 Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)
  416-97 Chardonnay Reserve(シャルドネ・リザーブ)
  各1個、計4個のセットです。

の4種のグラスが入っています。

ワインをあけてみて、この全部のグラスでそれぞれ楽しんでみると、味がこんなに違うのか、驚くと思います。

私は、とくにソーヴィニオンブランのワインで、衝撃を覚えました。その時、出たワインは、サンセール。フランス、ロワールのワインです。それまで、酸が強すぎて、おいしくないと思っていたのですが、これが、この専用グラスだと、実にうまいのです。酸が後退し、爽やかさが残ります。

ぜひお試しください。
posted by WINEGOODS at 20:25| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワインをあける道具

ワインは、多くの場合コルク栓です。

スクリューキャップもあります。スクリューキャップの場合、道具は要りません。ただ、ひねるだけ。

しかし、コルクの場合は、コルクを抜く道具が必要になります。

いろんな道具がありますが、ソムリエナイフが、ある程度使いこなすと、一番便利です。

高級品もありますが、まずは、これでしょう。



この2段のものは、けっこう使いやすいです。
posted by WINEGOODS at 20:16| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイングッズをいろいろ紹介しましょう

ワインをいただくためには、いろいろな道具が必要です。

また、それは環境かもしれません。

これがあると、ちょっと楽しみが増えるなあ、というものを

いろいろご紹介したいと思います。
posted by WINEGOODS at 17:39| Comment(0) | ワイングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。